大阪府警察 電子申請・届出サービス  
手続案内
このサービスについて はじめて利用される方へ 利用方法 利用規約 よくある質問・回答 お問合せ 関連リンク
利用方法
前へ 次へ

2.申請様式に入力する

ブラウザより、以下の手順で申請書を作成します。

※電子申請を行う際に添付するファイルが必要な場合、事前に作成しておくことをお勧めします。
申請書の作成画面は下図に示すように、3種類の情報から構成されています。

■基本情報
申請者及び連絡先の氏名、電子メールアドレスを入力する画面です。

基本情報欄です。

■申請内容入力
手続ごとの申請書様式に従い、申請内容を入力する画面です。
基本的な様式が整えられていますので、申請者は必要な箇所に情報を入力します。

申請内容入力欄です。

■添付書類
申請に必要な資料などの書類を、申請書に添付するための画面です。画面の指示に従い、必要な資料を選択・添付します。

添付書類設定欄です。

2-1.申請者情報を入力します

基本情報入力欄は、すべての申請書で共通です。

必須項目(※)については、必ず入力してください。

 申請者情報  申請等を行うご本人に関する情報を入力する欄です。
※氏名 必須入力項目です。
※氏名フリガナ 必須入力項目です。
※メールアドレス 必須入力項目です。
※メールアドレス(再入力) 必須入力項目です。

 連絡先  この申請等について、大阪府警察から通知する際の連絡先に関する情報を入力する欄です。
※氏名 必須入力項目です。
※氏名フリガナ 必須入力項目です。
※メールアドレス 必須入力項目です。
※メールアドレス(再入力) 必須入力項目です。

[連絡先欄のメールアドレスについて]
電子申請・届出サービスから送信される電子メールの宛先は、すべて連絡先欄のメールアドレス宛になります。したがって、このメールアドレスを間違えますと大切な電子メールが届かなくなりますのでご注意ください。
携帯電話には、対応しておりませんので、携帯電話のメールアドレス以外を入力してください。

[連絡先情報の自動入力]
連絡先欄の「申請者情報と同じ内容を入力」ボタンをクリックすると、申請者情報と同じ情報が連絡先欄へ自動的にセットされます。
詳細については「連絡先欄へのコピーについて」を参照してください。

連絡先欄の右側にある「申請者情報と同じ内容を入力」ボタンをクリックします。

※下記の点に注意してください。
●申請者欄以外に既に文字があっても、上書きコピーされます。

使用文字コードについて

以下の文字コードが使用可能です。

 文字種別 文字コード
1バイト文字(英数字及び記号) JIS X 0201
2バイト文字 JIS X 0208
2バイト文字(漢字) JIS 第1水準漢字及びJIS 第2水準漢字

なお、本サービスでは上記で規定された文字以外(環境依存文字など)は使用できません。

特殊記号について
以下の特殊記号にあたる漢字は、使用できませんので、別の文字で代用してください。
[漢字イメージと文字コード一覧]

 漢字 文字種 シフトJIS Unicode JIS
 ̄(Over Line) 記号 0x8150 0xffe3 0x2131
∥(Double Vertical Line) 記号 0x8161 0x2225 -
〓(Thick Equal) 記号 0x81ac 0x3013 0x222e

カタカナの使用制限について
申請様式の最初のページにある、基本情報入力欄には、カタカナのみを使用してフリガナを入力する項目があります。この場合、使用するカタカナには以下の制限がありますのでご注意ください。
申請者/連絡先氏名フリガナ欄
使用可能文字:

 半角カタカナ UnicodeのHalfwidth Katakana variantsブロック(uff65-uff9f)
半角スペース (u0020)

Unicodeの詳細についてはhttp://www.unicode.org/charts/を参照してください。

2-2.申請書に必要事項を入力します

以下に、申請入力画面に表示される申請書の一例を示します。手続ごとの申請書様式に従い、申請内容を入力します。
※申請入力画面は、申請手続ごとに異なる場合があります。

 申請書の入力欄に申請内容を入力します。

テキストボックスやコンボボックスなど様式の入力方法について説明します。

[テキストボックス]
入力ボックスの上にマウスを移動すると、マウスが矢印型から I 形になります。I形の状態で入力ボックスをクリックすると、文字が入力できます。

 テキストボックス

[コンボボックス]
右に下矢印が付いている四角いボックスでは、この下矢印をクリックすることで、用意された項目から選択することができます。

 コンボボックス

[チェックボックス]
四角いボックスをクリックしてチェック[V]が付くとON(選択)になります。

 チェックボックス

[ラジオボタン]
適切なラジオボタン[○]上でクリックして黒丸[●]が表示されるとON(選択)になります。

 ラジオボタン

[内容のクリアボタン]
申請書画面に入力した内容を全て消去します。

 内容のクリアボタン

2-3.添付資料を添付します(必要な場合のみ)

添付資料が必要な場合、添付書類欄にて添付処理を行います。

添付欄

(1) 添付書類欄の「参照」ボタンをクリックします。

 参照ボタン

(2)「ファイルを追加」ダイアログが表示されたら、添付するファイルを指定し、「開く」ボタンをクリックします。

添付ファイルの選択ダイアログ

(3) 添付書類が追加されます。

添付書類が追加された画面。

添付データについての注意

添付データのサイズや数量が規定値を超える場合(申請データの全体サイズが超過するなど)は、添付データを圧縮して貼り付けるか、【別送】の横にある○をチェックして各手続の問合せ先へ郵送するか直接窓口へ持参してください。

添付書類のファイル形式としては、サービス上は、exe、bat、com等の実行形式のファイル以外を添付することができます。

ただし、手続ごとに添付の方法・形式が指定されている場合もありますので、それぞれの手続の説明をご確認ください。

2-4.別送書類を指定します(必要な場合のみ)

電子化が困難な書類等、別途郵送または直接窓口に提出する場合は、添付書類欄において【別送】を選択してください。

別送書類欄のラジオボタンをチェックします。

※書類を郵送等で別途提出する場合、申請書の送信時に表示される整理番号を記した紙を同封してください。

入力方法について

[連絡先欄へのコピー]
基本情報入力画面の連絡先欄にある「申請者情報と同じ内容を入力」ボタンをクリックすると、申請者と同じ入力情報を、連絡先欄へ丸ごとコピーすることができます。

連絡先欄へのコピー

■注意■ 連絡先欄にコピーする場合の注意事項
・コピー実行時に連絡先欄に入力済の文字があった場合も上書きコピーされます。

2-5.申請内容を保存します(必要な場合のみ)

申請入力画面にある「一時保存」ボタンをクリックすると、入力した内容を保存することができます。 保存した入力内容は、「一時保存復元」ボタンをクリックし、保存番号認証を行う事で入力内容が復元されます。

※一時保存を行った際に発行される「保存番号」は保存内容の復元時に必ず必要となります。
 印刷を行う等、必ずお手元に保管してください。

前へ 次へ